« 11月の新月です✨ | トップページ | 今年最後の新月ですね✨ »

2016年12月21日 (水)

2016年冬至

今年は今日21日が冬至ですね。
冬至は、1年で昼が最も短く、夜が最も長い日 とされています。
言い換えればこの日を境に、どんどん昼の時間が長くなる、スタートの日です。

地球に降り注ぐ太陽の光が
1年で最も少なくなる「陰」が最大に極まる日を迎え
そして、ここから「陽」に転じていく「一陽来復(いちようらいふく)」
と呼ばれる日でもありますね。
これからどんどん幸福がやってきますよ、運気が上昇しますよ、という、
パワー溢れる冬至は1年に1度の、運気が好転・上昇する「スタートの日」。

冬至には、「運盛り」と呼ばれる、かぼちゃ(南瓜)以外にも
“「ん」が2つ付く食べ物”を食べると「んん」≒「運」が付く、
というわけで、縁起が良いとされています。

蓮根(れんこん)、人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、金柑(きんかん)、
寒天(かんてん)、うんどん(うどん)、そしてカボチャの別名である「なんきん」。
これらをまとめて「冬至七草」とも呼びます。
ん(運)が付く、なんてただの語呂合わせのようですが、
季節のもの・旬のものは栄養価も高く、
その時期必要な栄養素が摂れるもの。
食事に取り入れて、体も運気もパワーアップする happy02
というのも良いですねheart04

中でも「金柑」と「銀杏」は、「金銀財宝に困らない」ということで
金運アップにおすすめなんだそうですshine
まあるい形も金運の象徴ですものね。
銀杏をつまみに金柑酒を少し…wineなんていうのも、
寒い冬には温まって良いですね。

今まであまり冬至にフォーカスすることがなかったのですが、
今年は この冬至を意識する機会に恵まれ、
先日はアドヴェント・ガーデンに参加させていただきました。
冬至のころのお祭り、リンゴろうそく、アドヴェント・スパイラル…等と
いろんな呼ばれ方はしているのですが、 待降節のセレモニーです。
Prologue
自分の行くべき場所を探し求めている旅人がいました。
いろいろな素晴らしい場所に、たどり着きましたが、
その度に「ここではない」と感じ、旅を続けていました。
ある日、迷宮のような暗い森に入り、
進退窮まったときに天使が現れ旅人を導いてくれます。
「あなたの行くべき場所にわたしがつれていってあげましょう。」と。
進んだ先に光がありました。
旅人が自分の来るべき場所はここだったのだと感じたとき流れ星が落ちてきます。
旅人の手には、いつのまにか、ろうそくがありました。
「この光と暖かさを他の人にも伝えよう。」と旅人は思い、
ろうそくに火を灯すと歩き始めました。
そして、次に来る人のために森の入り口にろうそくを置くと再び、
旅人は歩み始めました …
20161218_132723_566
モミの木の枝で螺旋状の道を
床にしつらえ冬至近くの闇の深まりの中、
ライヤーの柔らかで美しい音色と
リンゴに蜜蝋キャンドルとローズマリーを
あしらった優しい香りに包まれながら
セレモニーは進みます。

参加者全員のキャンドルがガーデンに
灯されると、導師からキリスト降誕の
お話が語られます。

そして、また一人一つづつの灯りを
受け取り、導師の前まで進み
そっと灯りを消していただいて
退場…

自分の奥深くに内なる明かりを灯す
静かで厳かなセレモニーです。

そして、なぜか私の頭の中では

♪たのしか~ったひとときが~いまはもぉ~すぎてゆく~ぅ…
って、ある一定の年齢の方には懐かしいメロディーがリフレインしています。
「カックラキン大放送」のエンディング曲(笑)。
原曲は、イタリアの音楽グループ
「ダニエル・センタクルツ・アンサンブル(Daniel Sentacruz Ensemble)」により
1972年に作曲されたインストゥルメンタル(器楽曲)『Soleado ソレアード』。
日本ではこの歌詞ではないけれど
『哀しみのソレアード』のタイトルで歌われていますよね。
もぉ…私ったらなんで、この曲なの…sweat02と思っていたのですが、
どうも頭の中でリフレインしていたのは
 英語の歌詞のWhen A Child Is Bornだったようです。
ジョニー・マティス(Johnny Mathis)やサラ・ブライトマン(Sarah Brightman)、
シャルロット・チャーチ(Charlotte Church)など、
いろんなアーティストがカバーしているのですが、
ベツレヘムの星やイエス誕生が暗に描写されており、
クリスマスソングとして愛されているんだそうです。


なるほどshine ずっと昔に誰かに聞いて奥底にしまい過ぎて忘れていた話なのか、
自然にこのメロディーが感覚を紐づけしているのかはわかりませんが、
あながち、私の脳内DJは間違った選曲ではなかったようですね。

今日は「不滅の太陽の誕生日
自分の潜在意識へいっぱい感謝して、いっぱいほめてあげてください。
過去を振り返って、いままでのできたこと やれたこと
叶ったことに対する氣持ちにshine
そしてまた、次のステージへと進んでいきましょう♪

天にありては星、地にありては花、人にありては愛、これ世に美しきものの最たらずやclover

ポチッとよろしく!       Logo2

|

« 11月の新月です✨ | トップページ | 今年最後の新月ですね✨ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801521/68929770

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年冬至:

« 11月の新月です✨ | トップページ | 今年最後の新月ですね✨ »